■レプリカのできるまでの流れ(JUL.01 UP) (JUN.07.陸送の件.更新) 

●まずはご相談 確認内容 (メールでも可)

  1. ベース(施工)車の車名、グレード、色、外装の状態(変更・付加パーツ、ステッカーなど)
  2. レプリカネタの車種、仕様(○○年○○ラリー、ドライバー名等)
    はっきり決まっていなくても当店の資料を見ながらご検討頂けます
  3. 必用となる外装パーツ(WRCタイプバンパー、ウイングなどお取り寄せ可)
  4. お持ちの資料、その他オーダー
  5. 御予算、希望日程等

●施工ご予約
 
ご決断されましたら施工(入庫)日をご予約して頂きます。施工優先順位の明確化 及び 資料探し、材料仕入れなどの準備の為、施工代金の1割程度の内金をお願いしています。
 施工がしばらく(2ヶ月以上)先になりそうな時はおよその時期、優先順位の確定という感じになります。

●レプリカイメージシミュレーション
 モデルになる車両とは別の車両にカラーリングを移植する場合、またはオリジナルデザインの場合などに行います。
 デジカメで撮った写真にロゴマークを貼り付けて位置や大きさなど検証します。ありがちな四面図だけでなくクォータービュー(斜めから見たところ)で立体的な雰囲気を見ることもできますので、カラーリングしてみたらなんかかっこ悪い、イメージと違う、といった悲劇を避ける事が出来ます。(イメージシミュレーション費用がかかる場合があります)

●お車お預かり
 予定日が来ましたら、お車を持ち込んで頂きます。泥々に汚れてるのじゃない限りは特に洗車してなくても結構です。
 レプリカ作業にともなって鈑金修理(傷、凹み修理・塗装)をお受けすることも出来ます。(まとめてやるとお得かも!?) 御予約から予定日までの間に万一お車をぶつけてしまった場合、ご相談の上、可能ならそのままお持ち込み下さい。当方で修理からレプリカ完成まで承ります。



施工時の代車をご用意しております。
ご利用無料。ただしお預かり期間2週間を超えてご利用される場合は(超えた日から)1日525円申し受けます
三菱パジェロミニ(5MT)、三菱タウンボックスRXターボ(4AT)です。
ETCも装備しています。

遠距離の方は
有料ですが当店従業員がお車を引き取りに伺い、レプリカ後、ご自宅までお届けすることも可能です
。(自走となります)
※陸送中に発生する不可抗力的トラブル、消耗の責任は負いかねます。万一の事故の場合はお預かり車用の保険を使用しますが、非常に高価なクルマ、微細な傷など気にされる方はご遠慮ください。

レプリカ製作ステップ ステップによっては車両が違うのはご容赦下さい

施工前すっぴん状態

デカールを貼るところを中心に洗車します。車両によっては鉄粉落としの粘土を使います。
不要なステッカー類をハガします。(これは別途追加料金をお願いします)
このクルマの場合スポイラー類が塗装されていました。
カラーパターンの貼り込みにはこんなにバラすこともあります。

色を入れる部分の形状、面積によっては塗装します

塗り分けのラインはデカルコで決めています。


一部鈑金修理。青、白(サイドスカート、ドアサッシュ)塗装完了。

デカール型チェック

初トライのレプリカは一度紙にデカールの型データをプロットまたはプリントして大きさチェック。場合によっては納得のいくまで何度もやり直します。
ドアカットラインも意識しつつ

デカール製作、用意

フルレプリカ1台分ともなるとかなりの量に

貼り込み作業

風、ホコリ、気温の影響を受けない屋内で丁寧に作業していきます。
車両側面から数mの距離を置いて離れて見ることがデカールの角度、位置の統一感を出すためには必要です。
完成!!

 製作期間は比較的シンプルなもので1〜2週間、複雑なもの、新たにカットデータを多く作る必要があるものは2〜3週間、ロスマンズカラーなどボディの塗装をともなうもので4週間程度です。


貼り位置、角度のセオリー

デカルコ トップページへ